プライベートクラウドとパブリッククラウド



2009年以前のアーカイブをこちらにまとめています。

<< New   /   Old >>
infomation
categories
selected entries
archives
comment
recommend
sponsor
others
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / / - / -
ペニンシュラ東京宿泊記 D食編


和食から洋食か選べるらしい。てっきりそれを選んでサラダとかはビュッフェかと
思ってたら、ほんとのただのセットのみ〜
それで4,000円とかってすごいよね、さすがの価格だわ。



1Fにはこんなオブジェがど〜んと飾ってあった






ジュースはフレッシュジュースなのでオレンジにしといたw 
洋食はアフタヌーンティーみたいに3段トレーに2人分乗ってました


上からパン4種


真ん中にハム・チーズ


下段にジャム、バター類。


あと、トーストも持ってきてくれるんだよね。
で、別でメインのお皿を選べるので、ホワイトオムレツにして、相方はプレーン
オムレツ。


プレーンオムレツはめっちゃふわとろで職人技でした♪


ホワイトオムレツは、サラダも上に乗っててこちらもおいしい。
そして結構ボリュームあり。
他にもフレンチトーストとかもあったかな?朝から多分食べれないんであえて
頼まなかったけど、美味しそうだよね〜。パンがあるから頼んだらお腹パンパン
になりそう。
ロビーのレストランもフロントもあえてちこい作りだからビュッフェにはできない
んだろうね。
ほんとに狭いし、リッチな人たちがたくさん宿泊してそうだからお部屋で朝食
を取る人の方が多そうなイメージです。


地下にはギフトショップとかもあって、レストランも安くてびっくり!
階段下にはこんな「The Japanese 和」な枯山水。
帰りにマロングラッセとマカロンをおみやに買って帰ったよ

::総評::
今までのホテルライフの中で(そんなに数があるわけでもないが。)完全にキタ!
No.1!リッツ大阪を軽く抜かしました。(ゴハンとサービスはリッツかな。)
ハード面ではこのホテルに勝るとこはほとんどないのでは・・・
こんなステキなホテルに慣れちゃったら、他が全部ショボく見えそうな
位のすごさ。
初めて東京でもう一度泊まりたいって思えるホテルでした☆
国内旅行 (ホテルSTAY編) / 23:59 / comments(2) / trackbacks(1)
ペニンシュラ東京宿泊記ドレッシングルーム&バスルーム
*ドレッシングルーム


ドレッシングルームは、ほんとにお部屋として成り立つような広さでたまげました。



スーツケース置くスペースもソファみたいにでっかいし、音楽は流れるし
電圧も110V/220VどっちもOKだもん
外人客多いってのがわかるよね。






メイクもドライヤーもこの部屋で全部できちゃう


ドライヤーもバスルームじゃなくここにあったし。
一番ビックリしたのがネイルドライヤーが付いてたの!一体どんな方々が
泊まるわけ・・!!


音楽とか、部屋の温度調整とか、なんでもOK


靴磨きとかランドリーの受け渡しのためのヴァレット・ボックスなんてものまで
あったよぉ。すごすぎる


浴衣はちょいでかめだったね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


*バスルーム





とにかく広くて、綺麗で美しい〜




洗面台もちろん2つ付き




シャワーブースも外に水がもれないようになんだかうまい造りになってたよ。
そういう細かいとこがちゃんとしてるよね。レインシャワーも楽ちんだから大好きっっ


トイレも広々〜





お風呂は温めにしてテレビ見てました〜♪お部屋のテレビとも連動できるし
違うチャンネルも見れるし、ラジオも聴けるしなんでもオケー!


でもアメニティはフツー。バスジェルとかバスソルトもなかったし、
シャンプー系は素直に「中国製」って書いてあったw
ホテルのシャンプーはキシキシになるから毎度Aesopを持参なんで
今回も使わなかったので使い心地はわからない。


シャンプー類以外のアメニティ







バスタブも外人仕様〜めっさデカイ!
やっぱデザインがいいよねぇ〜このお湯の注ぎ口と壁の美しさったらないよね。
まじ、感動しました。
持参したバスジェルを投入します!!素敵すぎます。
国内旅行 (ホテルSTAY編) / 23:50 / comments(2) / trackbacks(1)
ペニンシュラ東京宿泊記 ,部屋編


めっちゃ憧れのペニンシュラ。初ペニンシュラはなんと絶対泊まれないだろーなぁと
思っていた東京です♪
なんか今いきなり世の中が不況になったからホテルも稼働率が相当悪いらしく、
ペニンシュラが3万ですよ!てか半額じゃん。ごはん付きで一室38,000円かな?
てなことで早速行ってまいりました。




この場所、前は何あったっけ・・?って位便利な日比谷にあります。
外観はちっともホテルっぽくない。


フロント、ビビル位にちっこい。だからチェックイン客で溢れちゃっててんやわんや。
フロントだけ見たら「ビジネスホテル?」みたいな・・豪華さとか華やかさが
ないのでした。
多分、パークハイアットみたいにセキュリティ重視なのかな?
狭いフロントを通らないとお部屋に行けないような造りにわざとしてる風。

チェックイン手続きして、希望の「高層階の長めのいいお部屋」がこのプランだと
泊まれないらしく一人6,000円ずつ出せば高層階にできますがいかがですか〜?
との提案・・でもそうしたら5万overなので潔くさくっと諦めた。
そのあと鍵の準備でちょっと待たされたら「お待たせしてしまったのでクローゼット
が広いお部屋にアップグレードしました」とのこと♪
幸先いいわぁぁ〜スーペリアからデラックスルームです!


エレベーター前にソファがあって、ここでチェックインを待ってました♪


廊下も広い〜♪


去年、自殺騒動があった10階だったらイヤだなと思ってたけど
11階でした。


部屋に入ると左手にはで〜っかいドレッシングルーム(もはやウォークインクロゼット
ではない!)、右手にはめっちゃステキなバスルーム。





そして重い木の扉を開けると、ベッドと、ソファ、テーブルがど〜んと!






テレビもpioneer製で、なかなか綺麗。でもkuroではなかった。

フロントの方がそのままお部屋まで案内してくれて部屋の設備を色々と説明して
くれた。接客もさすがペニンシュラというかんじでした♪
つーか、部屋がとにかく広い!広いし新しい!なおかつハイテク!
ハイテクすぎてめっちゃ色々いじりまくったけど・・こんなハイテクな
ホテルはお初。




コントロールパネルとかも手をかざせばすぐONになって色が点るし(しかも
すべて英語表記。)
部屋の中で湿度の調節もできるし、お部屋でもドレッシングルームでも
バスルームでもネットラジオが聞けるし、テレビにはなぜかSDカードとかも
挿せるし、なんかとにかくハイテクなんです!


無線LANの接続も無料。この手のホテルだと接続料取りそうだけど無料♪
早くミニノート買わねば・・・
まぁネットで見たいのなかったんで、本日のトンのデイリーチャートをチェック。
結局weeklyで2位でヨカッタ、ヨカッタ。


なんかーFAXとかあったりして・・・ビジネスマンが多いと思われる


部屋広いけど、デスクスペースもありまーす








ミニバースペースも変に洒落てて、ラバッザのエスプレッソマシーンが!!
その使い方は聞いてなかったんだけど、ターンダウン前だったから
ミネラルウォーターがなくって買いに行ったの。
そしたら、上のフタを外したら水がなみなみ入ってたよ。。。
湯沸かしのティファールもないじゃん〜って言ってたら、そのラバッザで
お湯も沸くという。
ね、ハイテクでしょ!?
しかしお湯を注ぐとき、お湯が飛び散る、飛び散る!ティファール、ジュセヨ。。。
エスプレッソのカートリッジは、押し込んではめる時「ガチーンッ」ってものすごい音
して指はさみそうにまってマジ怖かった。やり方が悪いのかな。。
というわけで、コーヒーマシーンは普通の方がよいのではないかという感想。


8時近くにハウスキーパーさんがヴィッテル持って来ましたっっ、遅めのターンダウンです。
大阪のリッツは、お部屋に入るときはわざわざ靴を脱いで入ってくる
徹底ぶりだったがペニンシュラのハウスキーパーはなんだかみんな20代?
加湿器持って来た人もめっちゃ若かったし。


加湿器は、ドイツ製〜


チョコレートがあった〜けどホワイトチョコ↓↓5粒あったけど甘くてしょっぱい
感じ。


スリッパはフカフカだけど靴下に繊維がめっちゃ付くのも御愛嬌?


DVDもテレビと一緒のPioneer。


ホテルでは、やっぱ本日もビッベン・ナイツで!じよんは歌うとカコイイw
m-netの「アイドルワールド」をDVDに焼いてもらったんでひたすらそれを見てたし♪
ホテルのテレビはやっぱ外人さんがいっぱい泊まってるのかチャンネルは
結構多めでCS系もいっぱいやってましたん。
うちらは、ひたすらビッベン〜w






ベッドは、ほどよい硬さでちょうどよかった〜。かなり久しぶりにホテルで
ぐっすり眠れました。騒音もないし、静かだ。廊下がうるさかったとしても
ぶ厚い木の扉がシャットアウトしてくれそうだし、何より部屋が広いから
ベッドルームまでも距離があるので音も届きそうにないし。
都心のホテルでこの広さって・・・ありえないよね。
国内旅行 (ホテルSTAY編) / 23:43 / comments(0) / trackbacks(1)
グランドハイアット東京 宿泊記

一休のVIPメールで六本木のグランドハイアットが安く泊まれるってことで土日で宿泊してきました。


**ロビー**









ロビーは、狭め。夜の方がライティングされて雰囲気出る。

------------------------------------------------------------------
**ROOM**

部屋は一番お安いスタンダードツイン。GP持ってたから、レイトチェックアウト
できるかと思ったが、しっかり12時までって釘刺され(泣)
でも13時からお部屋チェックインできましたw しかし部屋は7階ナリ・・



やけにドアからベッドルームまでの空間が広い。

景色は森ビル側じゃなかったから圧迫感もなくてよかったよ。
部屋に入ってすぐ抱いた印象。「狭っっ!&フツー」。
まあ、シンプルなのでハイアットらしいデザインですけど。




ベッドのリネンはしっとりしていて気持ちよい。ベッドの硬さも普通だった


サイドテーブルの時計はハイアット仕立て。




湯沸かし器はティファールじゃなくボダムで。






ネスカフェとか煎茶、ほうじ茶、紅茶などがたっぷりめに置いてあったー




こんなとこに金庫が!

テレビはアクオス。DVDはソニー。今回はDVDめっちゃ持ってきてて
トンバンシンギ&ビッベン祭り♪


♪いろん、いろん、いろん、ちょろん、ちょろん、ちょろん♪
「マジマクインサ」。じよんのこの帽子、かわいんだけどウケル。


とっぷーww

もう余計びっべんにハマッちゃったよ・・
SBS歌謡祭やらハンサランやら、とにかくDVD見まくったー。眼が死んだ。
自分はTOPペンで友はジヨンLOVE。カコエエです。。
ハイアット泊まってDVD祭りになるとは思わなかったけど。
このアクオス、白とび激しくって、字幕もよく見えない時あるから余計疲れた。
調整の仕方がわからなくって。


そんな時間すごしつつ、ロブションのケーキ食べた。幸せ。
モンブラン、くどいかと思いきやめっちゃクリーム軽くてウマーっ★

-------------------------------------------------------------------
**BATH ROOM**


このホテルの売りはバスルームらしいんで、密かに楽しみにしてましたー。








シャンプー類はオリジナル?


バスルームは確かに広く取ってあって、レインシャワーあり、お湯を溢れるくらい
貯められるバスタブあり&バスタブからテレビも見れるんでステキでした。
ただTVの音はよく聞こえないが。
ベッドルームで見てる映像がそのまま流れるんで、風呂入っててももちろん、ビッベンで。










洗面台周りのスペースは狭いかなあ・・




アメニティもハイアットリージェンシーとそんな変わりないかな?



スリッパは一つがメンズサイズだから替えてもらった。


なぜか洗面台の後ろにクロゼットあるの。


クロゼットの中にゆかたあり。


クロゼットの横がトイレ。


ベッド側からバスルームはこんなかんじで仕切られております

そういえば、19時になってもターンダウンに来なかったから、ディナーの帰りに
1.5キロのお水買って帰ったらターンダウンされていました・・


朝はバイキング行きたかったが、なんだかお腹がハリハリな2人だったので諦めた。
で、ロブションのマカロン食べて、GPの特典のコーヒー&紅茶を持ってきてもらって
まったり12時まで過ごしました〜


悲しいかな、富士山見えるのに階が低くてビルに阻まれて見えない〜。
評判はよいホテルだったけど、1泊だけだしホスピタリティとかサービスとかそんな受けてない
からなんだか印象薄かったです。
ハイアットだけに、見事宿泊客は9割方外人さんっぽかった。
ブライアン・セッツァーが泊まってたよ♪おんなじ顔してたよ、テレビで見るのと。
国内旅行 (ホテルSTAY編) / 16:28 / comments(0) / trackbacks(1)
コンラッド東京宿泊記 朝食編


朝は付いてなかったので、自腹で食べにゆきました〜
種類はすごい多いというわけでもないけど、このホテルもパンの種類が多いねー。
一個が小さめなので色々食べれるよ。












シリアルも個別のケロッグの箱で置いてあって、圧巻!
和食も用意されているし(食べなかったけど。)、パンや、ハム、チーズなど
どれも美味しくて満足でした
ジュースはフレッシュなのか、パイナップルが舌にしびれるような微炭酸で、
グレープフルーツもつぶつぶ入りでした。


コーヒーはまたボダムのポットで並々と来ました!



アメリカンブレックファーストだと、オムレツとかワッフル、パンケーキから選べる
のでそれを一つ頼んでパンケーキを1枚ずつもってきてもらった。
かりっとしてて家では出せない味!
でもめっちゃおなかが一杯になってしまった〜なくてもよかったかも・・・


他のサラダやサーモン、生ハムやチーズ類などがかなり美味しかったんで。
パンもあまり食べれなかったし。


りんごのコンポートが八角味なのにはたまげました!ヨーグルトに入れて
しまったので、激しい台湾フレーバーになりました。


景色は、電通ビルが邪魔をしとります。

BGMの音楽がエニグマだったんだけど、一周終わる時のラストにかかるのが
「オーメン」でビビッタ。ダミアンかい。

泊まってみて、クチコミほど残念!っていう思いは全然しなかった。部屋もサービス
もモダンシンプルってことで〜。
コンラッドは、ベアーやあひるなど遊び心があるのがいいよね。
日本のベアーはかなりチコイけど(365日のバースデーテディほどでもないけど。)
ちょー個人的だけどハウスキーパーさんの仕事がナンバー1でした♪
楽しい滞在をありがとうっ。
ちなみに、外人さん宿泊率がめっちゃ高く、異国のホテルに来たような錯覚を覚え
ること請け合いです。
国内旅行 (ホテルSTAY編) / 22:50 / comments(0) / trackbacks(0)